生前契約とは

生前契約とは病気や怪我で動けなくなってしまったとき、

高齢になり判断能力が低下したとき、
高齢で一人暮らしになったとき、

そして自分が死んだ時にどのようにしたいのか。
このようなことに対する不安を解消して、希望を実行できるようにするための契約です。

※コンプライアンス上、当センターで出来ない業務につきましては、当セン

 ター顧問弁護士、税理士、司法書士その他の専門家が行います。

●生前契約の種類

生前契約には見守り契約、財産管理委任契約、任意後見契約、死後事務委任契約があります。
当センターでは目的に合った生前契約書の作成サポートをさせて頂きます。

●見守り契約

定期的に連絡をすることで、生活状況を確認して安全に生活できるようにする契約です。
信頼関係を築きながら、任意後見契約をいつ始めるかを見極めるこ

                    とにも繋がりますので、通常は財

                    産管理委任契約、任意後見契約と

                    一緒に契約することが多いです。

●財産管理委任契約

病気や高齢により体の自由がきかなくなったり、寝たきりになってしまうことがあります。
家賃、光熱費など生活費の支払いなどを自分ですることが難しくな

                    ってしまった時に備えて財産管理

                    委任契約を結んでおけば、委任さ

                    れた代理人がそれらの手続きを行

                    ってくれます。

●任意後見契約

認知症などにより自分の判断能力が不十分になってしまうことがあります。
判断能力が十分なうちなら信頼できる人を選んで任意後見契約を結

                    んでおくことができます。
                    判断能力が低下しても選任した

                    後見人が、契約した後見事務を

                    行ってくれます。

●死後事務委任契約

葬儀、埋葬、家財道具や生活用品の処分等をどのように行うかを指定しておくことができます。
死後に行われる葬儀のやり方、埋葬の方式などの死後の事務につい

                    て代理権を与え、短期的な死後の

                    事務を委託する委任契約のことで

                    す。

●生前契約書作成パック

サポート料金 300,000円(税別)~

財産管理委任契約書~任意後見契約書~死後事務委任契約書~尊厳死宣言~遺言公正証書までの作成をサポートいたします。

個別に契約書作成をご依頼いただくよりも120,000円(税別)もお得になる

プランです。

●生前契約の流れ

  

  1.本人が元気なうちに生前契約をする

     ↓

  2.身体の自由がきかなくなった

     ↓ 
  3.財産管理委任契約の効力が発生

     ↓
  4.判断能力が不十分になった

     ↓ 
  5.任意後見契約の効力が発生

     ↓
  6.本人が亡くなった

     ↓ 
  7.死後事務委任契約の効力が発生

お電話でのお問い合わせは

0283-25-8808